衆議院議員 柿沢未途(かきざわみと)の公式サイトです。国会議員評価で3つ星★★★を4回目の受賞。2016年文藝春秋「日本を元気にする逸材125人」に選出。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 310PRESS

310PRESS

Vol. 27 (2017年10月発行): 江東区から日本の新しいリーダーを

国会質問回数 No. 1 2009年、奇跡の初当選を果たした1期目は、来る日も来る日も国会質問に明け暮れた日々でした。本会議・委員会の質問回数は、全国会議員の中で圧倒的なナンバーワンの計260 回以上。1日3本もの質疑を …

Vol. 26 (2017年3月発行): 「原発ゼロと自然  エネルギー立国」へ

蓮舫代表の裏方となる党役員室長として、党のエネルギー政策のバージョンアップを目指してきました。3.11を経験した日本は、その反省と教訓を活かして、未来の国家像を描いていかなければなりません。 6年が経過しましたが、今もな …

Vol. 25 (2017年1月発行): ~2017年の年頭にあたって~小池都政を「評価」する

小池百合子都知事が誕生し、江東区は、にわかに都政における対立の焦点になりました。言うまでもなく、豊洲新市場も、見直し対象となった五輪施設予定地も、いずれも江東区に立地しているからです。 卸売市場法によれば、新市場の開設認 …

Vol. 24 (2016年10月発行): 日本とベルギーの国交150周年を祝う行事で、日本を代表してスピーチしました

“ ジ・オナラブル・ミト・カキザワ、リプリゼンタティブ・オブ・ジャパン!”(衆議院議員・柿沢未途閣下!) 欧州の首都・ブリュッセル、中世の時代そのままの壮麗な歴史的建造物で、私の名がうやうやしく紹介されました。日本とベル …

Vol. 23 (2016年4月発行): 〈平成の大同団結〉、 実現。

3月27日、衆参160人規模を擁する新たな野党第一党「民進党」が結党されました。これにともない、維新の党は解散し、歴史的な政権交代を含め20年の歳月を刻んできた民主党もその幕を閉じました。私が掲げてきた<平成の大同団結運 …

Vol. 22 (2016年1月発行): アベノミクス後の日本へ― 国民・庶民の側に立った政治を 「日本版ベーシックインカム」で安心と希望を

平成28年の幕が開けました。旧年中は色々とご心配をおかけする事も多くありましたが、心機一転、国会論戦に臨んでいきたいと思います。野党第一会派の予算委員会理事として、安倍総理はじめ閣僚との議論の最前線に立ってまいります。 …

号外(2015年12月発行): 衆院100人規模の結集へ、 統一会派結成

衆院100人規模の結集へ、統一会派結成 310PRESSを閲覧するにはこちらをクリックしてください。 PDFファイルを閲覧するにはAdobe社のAdobe Readerが必要になります。 Adobe Readerは無償で …

Vol. 21 (2015年9月発行): <平成の大同団結運動>実現へ-新しい国民政党をつくる

9月8日をもって維新の党幹事長を退任しました。維新の党は分裂し、松井一郎大阪府知事を代表とする大阪維新の会のメンバーを中心とした新たな国政政党が立ち上げられる事になるようです。「維新スピリット」のわかる人達だけで純化する …

Vol. 20 (2015年5月発行): いよいよ「安保法制」の審議へ 安倍政権は「リスク」を 正面から語るべし

統一地方選が終わり、大型連休が明け、いわゆる安保法制の法案審議がいよいよスタートです。 大型連休中には安倍総理の訪米があり、日米防衛協力の指針(ガイドライン)の18年ぶりの改定が合意されました。これに先立ち安倍内閣は昨年 …

Vol. 19 (2015年1月発行): 小選挙区で3期目当選のご報告 「身を切る改革」は財政再建の第一歩

衆院選で3期目の当選を、今回も小選挙区で果たしました。都内25小選挙区で与党側が23議席を占め、野党側はたったの2議席となりましたが、そのうちの1つを私、柿沢未途が勝ち取らせて頂きました。 過去最低だった前回投票率を8% …

1 2 3 4 »

カテゴリー

  • facebook
  • twitter
PAGETOP